News

More

お酒の席が増えたおかげで気づいた、自分の状態をリカバリーする方法。

お酒の席が増えたおかげで気づいた、自分の状態をリカバリーする方法。

こんばんは、木村成実です。

ついに桜の開花宣言もあり、いよいよ春も間もなくですね!
嬉しい…(*^^*)

とはいえ、予報ではまだそこまで気温が上がらない日もあるようなので、
油断しないようにしたいなぁと思います!

さて、今日の本題。

この1週間くらい、お酒を飲む機会がすごく
多かったんですね。

すべての機会があまりに楽しくて、
ついつい、飲みすぎてしまって。苦笑

そしたら、肌は荒れるわ
体調も100%じゃないわ、

いよいよ、私にとって
お酒という存在は
カラダに合わないのか…と
痛感させられる毎日でした。

しかも、怖いのは、

そうなると分かっているのに、

一度手が伸びてしまったら最後、
次々とお酒に手が伸びてしまう!

本当、完全にクセですね…。

もともとはお酒大好き!
ビールは命の水!笑

そんな私だったので、

お酒を飲む=快楽、

という構図が、かなり長い間
成り立ってたんだと思います。

またお酒を飲むサイクルに入ると
快楽と結びついて、ついつい
手が伸びる。。。

「人間の脳は、快楽を求めている」

ということを聞いたことがあるのですが、実際に
快楽に向かうメカニズムを体感したような気分でした。

ただ、私にとって、やっぱり
今はお酒を飲みすぎるのは
あんまり合ってない…。

ということで、
重くなった身体をリセットするために、

久しぶりにジムで長めにランニングしてきました。

走り終わったあと、
鏡で自分の顔を見てビックリ( ゜д゜)!

なんか肌がツルツルしてる…!

そして、その後は
ずっと便秘気味だったのに
突然快腸になったり、

身体がすっごく軽かったり、

とにかく走っていいことだらけでした。

以前、私が尊敬している
ヨガインストラクターの方が、

「デトックスをするためには、
(サウナなどの力を借りて)
外側から汗をかくのもいいけど、
内側から汗をかくこと!」

っていう話をしていました。

身体を動かして、自分の内側から
汗をかくこと。巡らせていくこと。

そのサイクルがいかに自分の状態に
いい影響があるのか。

今日改めて体感したような気がしました。

状態がよくない。
なんかダルい。

そんな時に、どう対処するのか。

今回の私のケースであれば、

お酒の席が増えて、
その場が楽しくて、
ついついお酒の量が
自分の許容を超えてる状態があって。

その毎日が続いていて、
なんか身体がだるくて、
調子も万全じゃない。

なのに、そのまま放置して、
一瞬の快楽に流れてしまう自分。

自分の状態を常にいい状態に保って
あげられるのは、自分しかいません。

私にとっては、
走る、ということが
最適のリカバリー法だったと
発見できたわけですよね。

常にいい状態でいられることも
もちろん大切ですが、

もし悪い状態だと自分が思うとしたら、
そこに対してのリカバリー法を
探っていくプロセスってとっても
意味があるなぁと思うわけです。

いろんなことを試しながら、
あなたオリジナルのリカバリー法を
見つけていきましょう!

ちなみに、私のメンターの言葉で、

「悩んだら走れ!」

っていう言葉があって。笑

それくらい、走ることって
心もカラダもスッキリする
方法のひとつで、オススメです!

せっかく春めいてきたので、私たち人間も、
寒い寒いと身体をすくめる季節から、
身体を動かす季節にシフトしていきたいですね。

 

コメント0516 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)