News

More

痛みさえもギフト。いくつもの病気を通じて私が学んだ、身体の偉大さ。

痛みさえもギフト。いくつもの病気を通じて私が学んだ、身体の偉大さ。

まずはじめに、ひとりごと。

わたし、Yahoo!ニュースの「コメント」欄が、本当に嫌いです。

この前、たまたまYahoo!ニュースを開いたら、

『乳がんで闘病中の小林麻央さんが退院して、食事が取れるようになった』

みたいな記事があった。

(というか、そもそも、麻央さんのブログをただ転載しただけの横流しでニュース記事になるなんて、それもそれで考えものだけどね。)

画面を下にスクロールすると、コメント欄があって。

「こんなくだらない日常を書くだけで広告費○百万ですか」
「お金がある人は治療できていいよね」

みたいなことを書いてる人が多数…。

ひどいものだと、

「いつか最期が来るんだから最後までせいぜい頑張って」

とか。

もっとひどいのもあるけど、ここには書けない…。

狂気の沙汰としか思えない。

しかも、もっと狂ってるのは、そういうコメントに対して、「いいね」的なものが何百とついてること。

ほんと、世も末だ。終わってる。荒んでる。悲しくなる。

こういう人を産んでいる原因は、もちろん一言では語りつくせないだろうね。

善悪の判断もつかないんだから、よっぽどなんだろうなぁ。

芸能人のゴシップならまだしも、病気で闘っている人に対して、どうして赤の他人がそんな言葉をかけられるんだろう。

ホント、このYahoo!ニュースのコメント欄、いらない。

だから、私はYahoo!ニュースを見ないことにした。

私はまだまだ小さい力しかない。

けれど、瞑想を通じて、この小さい輪を大きくしていって、平和で思いやりのある、そんなことが当たり前の世の中になればいいなぁって想いながら、画面を閉じた。

 

さて、本題です。

最近、本当によく想うこと。

それは、「私たちの身体って、すごいなぁ」ってこと。

私自身、これまで、たくさんの病気と”闘って”きた。

子宮内膜症、メニエール病、上顎洞炎、難聴、狭心症…

調子が悪くて病院に行って、こうやって私の症状に病名がつけられる。

それを治すために入院したり手術したり薬飲んだり。

私にとって病気は本当に嫌なものだったし、消えてほしかった。

敵だった。だから、闘ってきた。

 

けど、最近は考え方が変わった。

「身体の痛みが教えてくれることって偉大だなぁ」

って、痛みを受け入れてみてる。

絶対に何かしらのサインだから。

 

ちょっと休めば?

ちょっとまじめに考えすぎじゃない?

思い詰めすぎじゃない?

もっとゆるめていいんじゃない?

って、あの手この手で教えてくれてる。

 

私、今も、胸が苦しくなる発作が時々起こるんですね。
(病院では狭心症って言われた症状のこと。)

なったばっかりの頃は不安で、怖くて、辛くて、本当に発作が嫌だった。

早く過ぎ去ってしまえ!!って耐えてた。

けど、過ぎ去ったら、またいつもの生活に戻って、身体に無駄に負担をかけて。

で、また発作が来て。

そういうループをここ2ヶ月くらい繰り返してた。

けど、最近は、痛みが来たら

「ああ〜〜〜ごめんね。またやっちゃってたね。ありがと。」

って対話してる。

でね、そうやって痛みと対話してると、スーッと痛みが引いてく。

その痛みが消えた瞬間の感覚がね、

ほんと、

これ頭おかしいかもしれないんだけど、

まるで、昇天した後みたいな感じになるの!!笑

なんの痛みもなく、身体がそこに存在してることだけで、幸福感に包まれる感じ。

 

薬も飲んでないんだけど、おかげで発作はずいぶん減ったし、分数も短くなった。

 

痛みと対話すること。

その痛みは、私の過去の何かしらの行為が直結してるものもあれば、それとは関係ないものもある。

だから、痛みがあるのはぜんぶ自分のせいだなんて想ってない。

けど、そのすべては、私に何かを気づかせてくれるために、私を一歩前に進めてくれるために、私にすでに用意されているギフトなんだ。

そう想ったら、身体のことが本当によく分かるようになってきた。

痛みがないことが良いとは限らない。感度が落ちてるだけかもしれないから。

そう想ったら、私の身体に起きるすべてのことが愛おしく想えるようになったんだよね。

で、これが日常の小さな習慣を変えるキッカケになった。

 

パソコンしてて、身体が固まってきたなぁと想ったら、即ストレッチする。
冷えてるなぁと想ったら、ゆっくり湯船につかる。
外食続きだなぁと想ったら、味噌汁とご飯でリセットする。
体力が落ちてるなぁと想ったら、筋トレと有酸素運動をする。

 

いっこいっこは、本当に小さいことだし、当たり前でシンプルなこと。

だけど、私は、このいっこいっこを、見逃してた。放置してた。

パソコンしてて、明らかに頭痛するくらい身体固まってるのに、そのまま放置してたし。
疲れててすぐ寝たいから、お風呂に入らずシャワーだけでパッと済ませてたし。
毎日外食ばっかりで、飽きてるの分かってるのに、食事作るの面倒臭がってたし。
体力落ちてるの分かってるのに、時間があったらゴロゴロしてたし。

私は瞑想で心・意識の部分を整えているつもりだけど、結局は、意識を整えていくと、身体にだって連動してくるよね。

それが、日常の行動にもつながっていく。

身体は偉大。

そういえば、今、私の周りでも、病と対話中の仲間が何人かいる。

私は、彼女たちの、本来持っている身体の力を信じてる。

そのために、私ができることは、何でもやりたいなぁって想う。

焦らず、過剰に心配しすぎず、信じる。

私も、それで良くなったから。

本当に、身体は偉大だ♡

コメント0761 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)