News

More

しんどい・ツラい時に効果テキメン!瞬時に切り替える秘訣とは?

しんどい・ツラい時に効果テキメン!瞬時に切り替える秘訣とは?

今日、世間はホワイトデーですね。

私はというと、そもそも
バレンタインデーに
何もしていないっていう。笑

ということで、私にとっては
何にも変わらない1日です。

さて、今日は、

『「しんどい・ツラい」を切り替える秘訣』

についてお話したいと思います。

昨日、ジムでトレーニング
していたときの出来事。

私はランニングマシンで
いつも5kmくらい走るんですが、

5kmの間には、

「もう全然ムリだ…」

って超しんどく感じる
瞬間が何度か訪れます。

ちなみに、逆のパターンで
ランナーズハイみたいに

「あれ、私、めっちゃ走れるかも」
「余裕かも!」

って思う瞬間も何度か訪れます。

その時に調子に乗って、
速度を上げてしまったら
ジ・エンド。笑

大抵の場合はすぐにバテて
過大評価した自分を悔いるのです。笑

昨日も、例のごとく、走りながら
同じような感覚を味わっていました。

1km過ぎたくらいで、第1波の到来。

びっくりするほどしんどい。
ツライ。たった1kmなのに、
もう辞めたくなる。

いつもだったら、楽になるまで
ただ耐えてるだけなんですが、

昨日は、その瞬間に、ふと
『自分の表情』に意識が向きました。

めっちゃ眉間にシワ寄ってるし、
唇をグって結んでるし、
とにかく「しんどそうな顔」を
してたんですよね。

たった1kmごときで、
壮大な距離を走ったかのような
悲壮と苦痛に満ちた表情。

その時、気づきました。

「私、無意識にすぐこういう表情してるのかも」
って。

普段、自分の顔って24時間鏡で見てないから、
この事実に気付いた時
ゾッとしました。。。

で、気づいたので、

ちょっと口角上げて、眉間を緩めてみたんです。

そしたら、なんと!

しんどくない!

なんか気分が爽快に感じられて、
カラダも軽いし、
走ってることそのものが
とっても楽しくなったんです。

「いやいや、これは、
ランナーズハイの波なんじゃないか」

とちょっと疑ってしまったので、

走る中で何度かしんどい波が
来た時に試してみましたよ。

結果、毎回効果があって、
しんどさが抜けました!

===============

これってすごくないですか?

ちょっと口角上げて、
力入ってるところを緩めただけで、
しんどいっていうのがなくなる。

私は、なんかすごい発見だったなぁって
走り終わった後もしばらく感動してました。

しんどい時、ツライ時こそ、笑おう。

こういう言葉って
聞いたことありますよね。

私は、もともと、
「そんな時に無理矢理笑えないよ。。」

って思ってたタイプでした。

けど、今回の出来事で、
「これは効果テキメンだ!!」って
確信に変わりました。

しんどい時、ツライ時って、
誰にでもありますよね。

そういう時に、

「なんでこんなにしんどいんだろう」
「ツライの嫌だな…」

っていう面にフォーカスを
当てすぎてしまうと、

なかなかその状況から
脱することができません。

そんな時は、
少し口角を上げて、
眉間の力を抜いてみる。

それだけで、
少し楽になるかもしれません。

よかったら、あなたもぜひ
試してみてくださいね。

ちなみに、普段のあなたの表情は、
普段鏡で見ているときと比べて
なんと20%減らしいですよ。

顔ヨガのレッスンを受けたときに
先生から教わったことです。

口角上げると良いんだ!って
気づいたとき、この話を
急に思い出しました。

ステキな表情を持つ人は、
周りにもいい影響を与えること
間違いナシ!ですよね。

今日は雨で少しどんよりしていますが、
表情は晴れやかに行きましょう♡

コメント0363 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)